フットサル

夢中になってたこと

どうも!クウヤです!

自己紹介シリーズ第3弾となります。
第1弾では今までの職務経歴の紹介をさせて頂き、
第2弾では転職回数が7回以上あるけど、
ある1つの事を意識するだけで面接に勝てる方法を記載しました。

そして自己紹介シリーズ第3弾では私が真剣に取り組んできた
1つのことについて自己紹介させて頂きます。

何か1つのことに夢中になれる
熱中できるって本当に素晴らしいことなんだな
と今になって気づきました。

第3弾では私が本当に真剣に取り組んだ事になるので
1章と2章で分けさせて頂きます。

それでは振り返っていきたいと思います。
それでは〜
最終自己紹介へー
GOGO!!

社会人になってから真剣に取り組んだ1つの事

結論から言うと私はフットサルに夢中でした。

中学時代ではサッカー部に所属して
高校時代から2017年くらいまでフットサルに真剣に向き合っていたのです。

私の生まれ育ちは神奈川県で、最初は遊びでフットサルをやっていたのですが
サッカーとは違う魅力に気づいて沼にハマっていったのです。

私がいた高校にはフットサル部がなかったので、サッカー部からはみ出た高校の友達と一緒にチームを作って平日土日とひたすら公園や体育館で練習と試合を繰り返していました。

専門学校に入り、高校の友達とも時間が合わなくなりそれぞれの道へ歩みチームは解散・・・

私は居場所がなくなってそれでもフットサルがしたかったのですが、
色々な出会いを経て地元の新しいチームに所属しました。

高校のチームのように真剣にやるって言うよりは
ミックスで楽しく蹴るのがコンセプトのチームでした。

フットサルど素人の後輩くんが回数を重ねる毎にどんどん上達していって
若い子の成長力ってすごいなと感じたのを鮮明に覚えています。

まるで桜木花道を見ているかのような衝撃でした。彼は足の骨折により一時離脱しましたが。。。

少し物足りなさを感じながらも地元のチームでフットサルをしていた私ですが、
専門学校である友人と出会った事で人生が一変しました。

もっと早く知りたかった。フットサル社会人リーグ

私が専門学校に通っているときにフットサルのプロリーグ(Jリーグみたいなものです)が始まり、
フットサル人口が増えたかと思います。

今では女性も子供もイベントとかでもフットサルをしたりと昔よりは
色々な人に知ってもらえているのかなと思います。

そんな中、専門学校である友人に出会い私のフットサル人生が変わりました。
その友達は今でこそFリーグ(プロチーム)で活躍しているのです。

専門時代はトップチームの下サテライトチームに所属(社会人リーグ)しており、
ひたすらトップチームに上がるために日々鍛錬をしていたと思います。

私は友人Aから話を聞き、社会人リーグの存在を知りました。
そこから思い立ったらすぐ行動精神でチーム探しをしました。
SNSやHP、色々と探して練習への体験参加の申し込みをしました。

あまり覚えていませんが、神奈川の10チームくらいに応募して全部参加しましたね。
練習に体験参加するとしっかりと練習メニューが組まれていて
戦術練習やパターン練習とそのチームにより様々でした。

何回か体験参加をした後に双方の合意があってチーム加入となります。
チームの色があり10チームに体験参加しましたが、迷う事なく決めることができました。

チームの色というのは平均年齢により若いチームはよく走るチーム、30代前後が多いチームは戦術がしっかりしてる(走らず頭を使う)チームなど参加してみるとわかるチームの特徴がありました。

その中で私がメインで加入したチームは学生中心の若いチームでもあるのですがベテランもいて
とてもバランスの取れていたチームでした。

いい意味で上下関係がなくとてもチームの雰囲気が良かったです。

チーム練習は基本土日のどちらかもしくは両日ですが、意識高い系のチームで向上力ある人たちは別でフィジカルトレーニングを平日行っているチームでした。(めっちゃストイック)

このチームでやっていくと決めた矢先私の前に壁が立ちはだかりました・・・

友人に追いつきたい。同じ土俵に立ちたい思いで始めた社会人フットサル。

一つの目標に向かって歩み出しました。

2章へ続く

今日は何の日〜
今日はグミの日ー
中に果汁の入ってない、酸っぱくない硬めの組が好きです!!
皆さんもグミ食べたくなってきましたよね?
思い立ったらすぐ行動!
買いに行きましょうー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA