フットサル

いざ新天地へ。

今回4章となります。

3章ではある人に出会ったことで成長することができ、チーム内得点王の座争いまで
上り詰めました。

4章では武者修行のため、上位リーグのチームへ移籍することを決断しました。
まさかの大阪へ引っ越しとなりましたが、どうなったのでしょうか。
4章で自己紹介シリーズ完結となります。

ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

それでは〜
4章へー
GOGO!!

ゼロからのスタート


確か24歳くらいの時に神奈川から大阪へ引っ越しました。

転勤?
実家が元々大阪?
友人がいる?
答えはノーです!

知り合いなんて誰もいません。笑

果たしてこれはストイックと言うのでしょうか・・・
そんな声が聞こえます。
というか私が思っています。笑

でもこの時の私の心情をはっきりと覚えています。
とてもワクワクしていました。

これまでフットサルに夢中で、上手くなりたい一心で
この地にやってきたのです。

『まだ上手くなれる。絶対チームのために上手くなって戻ってやる!』

そう確信していたからです。

チーム探し

大阪も神奈川同様に府リーグがあります。
1部、2部、3部、4部リーグがあり、その上に関西1部、2部リーグがあります。
この上がFリーグいわゆるプロチームです。

関西リーグはもちろん関西の各府県の上位チームが上がれて、毎シーズン入れ替わりがあります。
私は迷うことなく関西リーグのチームを探しました。

参加したいチームは2チームあり、セレクションを受けました。
セレクションの選定基準が、チームレベルに合っているかという点が一番の
選考基準でした。

あとは問題なければ双方の合意もとで入団といった流れです。

今でも鮮明に覚えていますが、どこの地域に行ってもフットサルで仲良くなれるなと
感じました。

ボールを蹴る前と後では距離感が全く違います。

2チームのセレクションを受けて早々に1チームに絞りました。
関西2部リーグ所属のチームです。

関西リーグとなると戦術の数が段違いでした。
コーナーキック、フリーキック、ディフェンス、オフェンス、全てに戦術があり覚えるのがかなり大変でした。

関西リーグと神奈川県リーグの違いはもちろん技術面もあったのですが、
正直そんなに技術面、身体面での違いは感じませんでした。

参加する前は体ががっちりしてる人がいて、足元めっちゃ上手い人がいて、針の穴に通すようなパサーの人がいると思っていましたが、そんなこともなかったのです。←いや失礼っ!!

関西のチームは若手のチームというより、ベテランの選手が多く、頭を使って戦える戦術的なチームでした。

ひたすら走ったり、足元が上手いだけではないチームです。
これまでのフットサルに対する考え方が一変したのです。

これが入団を決めた理由です。

あと入団してから気づいたのですが、私はどうやらツッコミをされて生きる存在のようでした。
本当に関西特有ですが、会話が楽しいこと楽しいこと。

とりあえずチーム探しは成功といった所でした。

走って走って走りまくれ

入団が決まり練習に参加していくわけですが、ここでまずびっくりしたことが一つありました。

まあこれも入団した理由の一つです。

『練習量と反省会、作戦会議の質が違う。』

まず練習量ですが、平日2回と土日です。
平日は21時〜23時でやります。

ただ、個人により20時からアップしたり、個人でフィジカルをやったり
23時からも同様に足元の技術を磨いたり、練習の個人反省会をしたりと
向上力が目に見えてすごかったです。(語彙力!!笑)

また公式戦前の練習も練習前に会議室で相手を分析し完全に次の試合相手を想定した戦術練習を
徹底的に行います。

勝ちに対する臨み方っていうのはチームによって違いますが、本当に勉強になることばかりでした。
そして分析が当てはまった時なんていうのは勝ちに繋がるし、負けてしまった時はしっかりと反省ができるので理にかなったやり方だと毎回感心してました。

ここを個々にしっかり落とし込めているのか
実際に実戦で生かすことができるのか
ここの差がチーム力になっているのかなと思います。

私は新参者で戦術やチームのパターン等覚えることが多かったのですが、
それ以前に他の人たちよりも走り負けてはいけないのです。

走って走ってひたすら走り続けました。

夢中とは一つのステータス

そんなこんなで大阪で3年くらい武者修行をしていたわけですが、
実はまだ神奈川に帰っていません。。。

この間に本当に色々あり、結局夢叶わずで困っています。
何が合ったのか簡単にいうと

・神奈川のチームが1部まで昇格
・フットサル熱の完全燃焼
・子供を授かる
・仕事に全力を注ぐ
・借金を背負う

こんな感じです。
人生濃すぎて困ってます。

フットサルに全力を注いできたわけですが、関西リーグのレベルが高すぎたのと
個人的に年齢も年齢だったので色々と先のことを考えた結果、中途半端になってしましました。

ただ、、、今になって思うことは一つのことに
夢中になれることって本当にすごいことなんだなって改めて気づきました。

いま私は夢中になれることがないです。

毎日お金の心配、最近では10年後の心配をするようになりました。

借金をしてお金に対する考え方が変わって今ではサイドファイヤーを目指しています。

自由な暮らしをしたい。
ただそれだけを目指して今は奮闘します。

これで自己紹介シリーズは完結となります。

読んでいただきありがとうございました。

 今日は何の日〜
 今日は『妹の日』ー 
妹がいる方もいない方も妹を大事にしてあげましょう!
 思い立ったらすぐ行動ですよ! 妹にLINEしましょうー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA